里芋とつくね団子汁

里芋とつくね団子汁
冷蔵庫をのぞくと里芋が。
里芋は食べるのは好きですが、下処理が面倒なので敬遠しがちです。しかしこのまま放置するわけにもいかないので簡単に処理して鶏肉のひき肉とあわせて団子汁にしました。

里芋とつくね団子汁の材料

• 里芋・・・大3個
•人参・・・1/2本
•こんにゃく・・・1枚
•鶏ひきにく・・・200g
•しょうが・・・1片
•片栗粉・・・小さじ1
•だし、味噌、塩・・・適量
•長ネギ・・・1/2本
•七味唐辛子・・・適量

里芋とつくね団子汁の作り方

1.里芋の皮をむく。塩で里芋をもんで水洗いし、表面のぬめりをとり小さめの短冊に切る。
2.こんにゃくをスプーンで食べやすい大きさにちぎる。
3.人参の皮をむき小さめの短冊に切る。
4.鶏ひきにくにしょうがの絞り汁と塩少々、片栗粉を加えてよく練る。
5.鍋に油をひいて(1)(2)(3)を入れて軽く火を通したあと水を加えて煮込む。
6.煮立ったら(4)のひき肉を団子状に丸めていれる。アクをとりながらしばらく煮る。
7.鶏肉に火がとおったらだしと味噌を入れてさらに煮込む。野菜がやわらかくなったら最後に長ネギと七味とうがらしを散らして出来上がり。

里芋、人参、鶏肉、が入っているので栄養バランスはほどほどによさそうです。^^
鶏のひき肉はお値段もお手頃で重宝しますよ。鶏肉繊維が苦手な子供たちもつくねにすると食べやすいようでした〜。

壷々炉(cocoro)のボール

今日使っている器は簡単炊き込みご飯のときも紹介した壷々炉(cocoro)シリーズ。これは桜柄のサラダボールです。大きめの器なのでサラダを盛りつけたり、丼ものを作ったりと活躍してくれます。
大きめのお皿に少なめに盛りつけるとお料理が美味しそうに見えるから不思議です。。。