日焼け対策にピーマンが効果的!?夏野菜の魅力をお知らせ!!

ピーマン

毎日猛暑日で寝苦しい熱帯夜が続く夏本番になりました。

スーパーにもナスやトマトなどの夏野菜がたくさん並んでます。実はこれらの夏野菜には、旬だからというだけではなく、夏にこそ食べたい理由があったのです!

このページでは、暑い夏食べたくなる夏野菜の魅力とおすすめの食べ方を紹介します。

ピーマンを食べて美白!?

日差しが強い時は肌へのダメージが気になります。肌の味方といえばビタミンCではないでしょうか。

ビタミンCが豊富な食材といえばレモンを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、レモンを1個食べるのはなかなか難しいです。

そんな時にピーマンの出番です。

ピーマン1個でなんとレモン1個分のビタミンCが摂れます。

ビタミンCにはコラーゲンが作られるのを助ける働きがあります。さらに、肌が黒くなる原因であるメラニンを防ぐ働きもあるため夏に最適です。

しかし、そんなビタミンCは、水に溶けやすい性質を持ち、汗をかくこの時期は不足してしまいます。だからこそ積極的に摂りたい栄養素なのです!

★おすすめの食べ方
ピーマンにはビタミンPが豊富に含まれており、熱に弱いビタミンCを熱から守ってくれます。

夏バテにぴったりの豚肉と一緒に、野菜炒めにしてみてはいかがでしょうか。

ナスを食べてクールダウンしよう

ナスは90%以上が水分のため、暑さでほてった身体を冷やす効果があります。

さらに、ナス特有のナスニンという成分は、悪玉コレステロールを下げる働きがあるため、血液がドロドロになりやすい夏こそ、ぜひ取り入れたい栄養素なのです。

★おすすめの食べ方
ナスは皮に多くの栄養素が含まれるため、皮ごと食べるのがおすすめです。

なお、ナスニンは水に溶けやすい性質があるため、水にさらさず、切ってすぐに調理しましょう。よく熱を通せばえぐみが抜けるため、焼きナスや揚げナスにすれば、あく抜きをしなくてもおいしく食べられます。

食欲が無いときはトマトで夏バテ対策

トマトに豊富に含まれるクエン酸は、食欲を増進させる効果があるため、夏バテ予防に効果的です。また、疲労の原因となる乳酸を分解する効果もあるため、疲労回復にもおすすめです。

ちなみに、普通のトマトよりミニトマトの方がクエン酸が多く含まれます。付け合わせにミニトマトを加えるだけで、手軽に夏バテ予防ができますよ。

★おすすめの食べ方
トマトは生で食べてももちろんおいしいですが、焼いて食べるのもおすすめです。

焼くことで旨みがアップし、青臭さも少なくなるため、旬のトマトをさらにおいしく食べることができます。

また、夏バテで食欲がなくなり便秘気味という方は、腸の動きを活発にするオリーブオイルをプラスしてみてはいかがでしょうか。

ココット皿にトマト、ケチャップ、オリーブオイルを入れて、オーブンで焼くだけで副菜が1品完成しますのでぜひお試しください。

旬の夏野菜を食べて、栄養をしっかり摂取して、暑い夏を乗りきりましょう!