おすすめ宅配食事ランキング|安全で安心できる人気宅配食サービス

宅配食女性

食事は私たち人間が健康に生きていく上ではとても大切ですが、最近はこの食事の悩みを抱えた方が増えています。

具体的には高齢化社会の影響で「毎日、買い物に行くのが難しくなってきた」という方が増えたことや共働き世帯の「栄養バランスの整った食事を作る時間がない」などが挙げられます。

また小さな赤ちゃんや子どもがいる家庭では子育てに追われて、毎日の献立を考えたり、調理をする時間が制限されるなどの悩みを抱えていることも多いです。このような状態が長期的に続くことで、健康な体を維持する栄養素が不足がちになることも懸念されています。

近年、そのような方たちに注目されているのが「宅配食事サービス」です。宅配食事サービスは栄養バランスの整ったお弁当を宅配してくれるサービスです。

このサービスにより、健康的な食事だけではなく、多くの方が抱える献立や調理の手間といった悩みを軽減することができます。

しかし、宅配食サービスを利用したことがない方は「宅配食ってどんなものなの?」と疑問や不安を抱えていることが多いです。そこでここでは宅配食事サービスで提供するお弁当の特徴や宅配食のメリットなどをまとめましたので徹底解説します。

宅配食事サービスのお弁当ってどんな感じ?

一口に宅配食事サービスのお弁当と言っても、その種類や特徴などは各企業、団体で異なります。まず宅配食事サービスには大きく分けて以下の2つのタイプが用意されていることが多いです。

  • お弁当タイプ
  • お惣菜タイプ

お弁当タイプは主食(ごはん)、主菜、副菜が組み合わさった食事です。イメージとしてはお弁当の定番でもある幕の内弁当のようなタイプとなります。一方、お惣菜タイプは主食がなく、主菜や副菜といったおかずがメインです。

サービスによっては主食(ごはん)も付けることは可能ですが、基本的には「ごはんは自分で用意するからおかずだけ宅配してほしい」といった方に適したタイプです。

またお弁当タイプ、お惣菜タイプどちらにも言えることですが、各企業とも1人、1人の健康状態などを考慮した豊富なメニューを用意しています。宅配食で代表的なのは以下のようなタイプのお弁当です。

  • 普通食タイプ
  • 介護食タイプ
  • 制限食タイプ

上記3つのタイプの特徴ですが、普通食タイプは健康状態に問題がない一般の方向けのお弁当です。介護食タイプは噛む力や飲む力が弱まってきた高齢者の方などに適しており、全体的にやわらかく仕上げているのがポイントです。

制限食タイプはその名のとおり、食事の摂取にあたって何かしらの制限がかけられている方向けのお弁当となります。病気などの理由により塩分や糖質といった特定の栄養素の摂取量を調節しなければならない人は多いです。

そのような方に適したお弁当が制限食タイプとなります。タイプによって献立は異なりますが、いずれも栄養管理の知識に長けた管理栄養士がメニューの設計や監修をしているため安心、安全な食生活を送ることができます。

生活のいろんなシーンでメリットのある宅配食事サービス

宅配食事サービスはさまざまなシーンで大きなメリットをもたらします。代表的なメリットとしては仕事などの影響で食事を作る時間がない方も、栄養バランスの整った食生活を送れるという点です。

前述のように宅配食事サービスでは、管理栄養士が栄養バランスを考えて設計したお弁当を提供しています。そのため、毎日コンビニ弁当やファストフードなど栄養の偏った食生活を送っている方などには非常に適していると言えます。

「家族のために栄養バランスの整った食事を作りたいけど仕事が…」という兼業主婦の方にももちろんおすすめです。栄養バランスを考慮した食事を毎日作ろうとすると食材選びなどで時間がかかることが多いです。

また帰宅してからの調理も下ごしらえなど、手間がかかるのがネックです。宅配食事サービスでお届けするお弁当は、基本的に電子レンジで温めるだけで食べることができます。

このように「栄養バランスが整った食事を、調理不要で簡単に食べることができる」というのが、宅配食事サービスの大きな魅力です。

中には「栄養バランスの整った食事の作り方がわからない」という方もいます。このような方も宅配食事サービスを利用することで、健康的な食生活を送ることができるようになるでしょう。

宅配食事サービスを利用するとメリットいっぱいな方

ここでは宅配食事サービスを利用することで、大きなメリットがもたらされる方をご紹介していますのでご覧ください。

ダイエットしている方

近年はダイエット目的で宅配食事サービスを利用している方が増えているのをご存じでしょうか?「宅食ダイエット」とも呼ばれることがありますが、宅配食事サービスのお弁当は栄養バランスが整っているだけではなく、低カロリーなのもポイント。

栄養バランスが整った食生活を送ることで、脂肪燃焼に必要な代謝力向上にも役立ちます。よく「何も食べなければすぐ痩せる」という方がいますが、これはまったくの逆効果です。

場合によってはさらに痩せにくい体質となり、病気を引き起こす可能性もある非常に危険なダイエット法です。もちろん糖質、脂質、エネルギー(Kcal)をほどよく制限することで痩せやすい体質は十分に作ることができます。

しかし、明らかに制限しすぎという場合や特定の栄養素のみをまったく摂取しないといったダイエット法は体に大きな負荷をかけるだけです。糖質は脳の主要栄養源でもあるため、極端な摂取制限は思考力低下につながる恐れがあります。

また糖質が不足すると体はタンパク質、脂質から糖質を作ろうとしますが、この際に発生するケトン体は体に悪影響を与えることで知られています。極端な脂質不足もエネルギー不足へとつながり、免疫力低下や病気を引き起こしやすくなります。

宅配食事サービスでは「炭水化物(糖質)」「脂質」「タンパク質」といった三大栄養素がバランスよく含まれた宅配食を提供しています。ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれた食材も使っているため「ムリなく痩せ体質」を作ることが可能です。

産前・産後のおかあさん

もうすぐ出産予定日というおかあさんや赤ちゃんが産まれた後のおかあさんにも宅配食事サービスは支持されています。妊娠中で身重な体のおかあさんにとっては、普段の買い物や調理はいつも以上に大変に感じるものです。

このような産前のおかあさんがいる家庭では宅配食事サービスを利用することで、体に負担をかけることなく食事をすることができます。また産後のおかあさんにとっても宅配食事サービスはおすすめです。

産後は育児に多くの時間をかけることになりますから、買い物に行く時間も限られます。また産後のおかあさんは出産の影響で心身ともに疲れている状態です。

この出産で受けたダメージを回復するために、病院から栄養バランスの整った食生活を指示されることが多いです。しかし、栄養バランスの整った食事を作るのは産後すぐのおかあさんにとっては大変なことです。

このような時に宅配食事サービスの利用は大きく役に立ちます。宅配食事サービスは管理栄養士が設計、監修したお弁当を提供していますから、産後のおかあさんの体を回復させるのにもぴったりです。

単身赴任のおとうさん

単身赴任のおとうさんで一番心配なのが食事です。料理や栄養に関する知識がないおとうさんだと、日々の食事はどうしても栄養バランスが偏りがちになります。また仕事が忙しく、栄養バランスの整った食事を作る時間がないおとうさんもいるでしょう。

単身赴任先ではおかあさんが毎日食事を作りに行くわけにもいきません。そこで単身赴任のおとうさんにおすすめなのが、宅配食事サービスです。

届いたお弁当は電子レンジで温めるだけですから、調理をする手間も省けます。また家族が最も心配する栄養バランスもしっかり考えて作られているため、おとうさんも家族も安心できます。

栄養が偏っている方

特に1人暮らしの方などは、普段の食生活が乱れがちになりやすいです。コンビニ弁当、カップラーメンやハンバーガーといったファストフードが中心の食生活を送っている社会人の方も多いのではないでしょうか。

確かにこれらは調理不要で味も美味しいと感じます。しかし、栄養バランスのことを考えると推奨できるものではありません。コンビニ弁当、ファストフードには人工のトランス脂肪酸や飽和脂肪酸が含まれています。

これらの脂肪酸は大量に摂取すると悪玉コレステロールの増加につながったり、動脈硬化、中性脂肪の増加を招くといわれています。

また高脂肪、高カロリーの代表的なメニューでもあるため、肥満の原因にもなるでしょう。コンビニ弁当、ファストフード中心の食生活は生活習慣病を引き起こす原因にもなります。

すでに体に何かしらの異常をきたしている方は、病院で診察を受けるとともに食生活を改善する必要もあるでしょう。

宅配食事サービスのお弁当はコンビニ弁当と比較すると平均で約200Kcalほど低くなっており、かつ健康な体を保つ上で欠かすことができな栄養素が豊富に含まれています。

またメニューも豊富なので「もう飽きた」という気持ちにもならずに、毎日の食事を楽しむことができます。

腎臓病で食事制限のある方

腎臓病の方は一般的にタンパク質や塩分を控えた食事を指示されることが多いです。タンパク質を多く摂取すると腎臓からしか排泄されない老廃物が増えるため、腎臓に大きな負担をかけてしまいます。

またナトリウムを排泄する力も弱まっていますので、塩分の摂取量も調節する必要があります。しかし、現代の食事メニューはタンパク質や塩分が含まれたものが多く、毎日の献立を考えるのもひと苦労です。

余分なタンパク質、塩分摂取は腎機能の低下を早める原因にもなります。宅配食事サービスはこのような腎臓病をお持ちの方にも適したお弁当をお届けすることができます。

具体的には一般的な食事メニューと比べるとタンパク質、塩分が少ない献立になっています。またタンパク質、塩分量をカットしている代わりに、エネルギー(Kcal)量を若干高くしているのも特徴です。

糖尿病で食事制限のある方

糖尿病や糖尿病予備軍の方は、血糖値を下げるインスリンがうまく働かないため、日常的に血糖値が高くなる傾向にあります。血糖値が高い状態が続くと血管を傷つけたり、血液がドロドロになるなどの悪影響をもたらします。

また糖尿病性腎症、糖尿病網膜症、糖尿病神経障害、脳梗塞、心筋梗塞などの合併症を引き起こす可能性があるのも糖尿病の厄介な点です。糖尿病をお持ちの方は低カロリーの食事を摂取することが大切です。

特定の栄養素に偏らずにタンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルなどをバランス良く摂取する必要もあります。しかし、毎日カロリー計算をしたり、栄養バランスが整った献立を考えるのはとても大変です。

宅配食事サービスがお届けする糖尿病方向けのお弁当は低カロリーでありながら、糖尿病改善に役立つ栄養素がバランス良く含まれています。血糖値をコントロールする献立を毎日考えなくてもよいため、食事で頭を悩ます必要もなくすことができるでしょう。

肝臓病で食事制限のある方

肝臓は「無口な働きもの」といわれているように、正常な機能を失っても自覚症状が現れることが少ないです。そのため、病気がかなり進行してからでないと症状が出ないのが、肝臓病の特徴となります。

肝臓病を患うと糖質、脂質、エネルギー代謝が上手く行われなくなります。また体内の有害物質などを解毒する機能も低下します。食欲不振、全身倦怠感、発熱、頭痛などの症状は肝機能が低下している証拠かもしれません。

肝臓病の食事療法といえば、以前は「エネルギーとタンパク質を多めに摂り、脂質は控える」ことが当たり前でした。しかし、近年は機能が低下している肝臓に多くの栄養を与えると、逆に肝臓の負担が大きくなることがわかっています。

したがって肝臓病をお持ちの方はカロリーもそこそこで、かつ栄養バランスが整った食事を指示されることが多いです。宅配食事サービスでは動物性タンパク質、植物性タンパク質、ビタミン、ミネラルなどがバランス良く含まれたお弁当も提供しています。

このような理由から、肝臓病をお持ちの方も宅配食事サービスを利用する価値は大きいと言えるでしょう。

糖質制限をされている方

近年は糖質制限ダイエットも流行っているため、糖質を少なくした食事を心がけている方も増えています。しかし、自己流の糖質制限の食事を毎日続けるのは意外と大変です。

と、いうのも糖質というのはごはん、パン、麺類など身近な食品に含まれていることが多いからです。これら主要な食品を避けながら、毎日の献立を考えるのは至難の業でもあります。

また料理に関する知識が薄い方だと、レシピもマンネリ化してきて飽きが生じることもあるでしょう。宅配食事サービスでは糖質を上手に制限しながらも「食事が楽しい」と感じるような、豊富なレシピを用意しています。

糖質も健康を維持するために、適度に含まれているため、体に負荷をかけることなく糖質制限を行うことができるのが魅力的です。

介護をされている方

現在の日本は全人口のうち65歳以上の高齢者割合が21%を超える「超高齢社会」です。したがって在宅介護に取り組む家族も増加傾向にあります。在宅介護の悩みの一つといえば、やはり毎日の食事です。

特に介護と仕事を両立させている方だと、日々の献立考案、調理に多くの時間を割くことは難しいです。だからといって栄養素が偏った食事を作っていては、要介護者の健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。

このような状態が長期的に続くと、介護をする側にも大きな負担がかかってきてしまいます。宅配食事サービスでは噛む力、飲み込む力が弱まってきた高齢者や食事を満足に摂取できない要介護者でも栄養素を摂取しやすいようにやわらかめのお弁当を用意しています。

もちろん要介護者の健康状態にも考慮したレシピになっています。介護をされている方は食事に割く時間を減らすことができ、要介護者は栄養バランスの整った食事を毎日摂取できます。

このように宅配食の利用は介護者、要介護者どちらにも大きなメリットをもたらしてくれます。

減塩されている方

病院などで「塩分の摂取量を少し減らしましょうね」とアドバイスを受ける方は多いです。食塩の主成分の一つであるナトリウムは体液量の調節や神経機能の正常化を図る上では大切な成分です。

しかし、過剰摂取になると高血圧、血管系の病気を引き起こす可能性が高まることでも知られています。厚生労働省が公表している資料「日本人の食事摂取基準(2015年版)の概要」によると1日の食塩推奨摂取量は男性8g、女性7gとされています。

ところが同じ厚生労働省が公表している別厚生労働省「平成27年 国民健康・栄養調査結果の概要」資料では、男女20歳以上の食塩摂取量平均値は男性11.0g、女性9.2gとなっています。

近年は健康に気を使う方が増加傾向にあるため、食塩摂取量平均値も若干改善されています。しかし、現時点では1日の推奨摂取量を上回っている状態です。これでは高血圧などで悩む方が減らないのも納得できますよね。

もともと私たち日本人は味噌汁、醤油、漬物、食塩を使った加工食品が身近にあるため、どうしても塩分の摂取量が多くなりがちです。つまり塩分を控えようと思っても、通常の食事で減塩を行うのは難しいということです。

宅配食事サービスのお弁当はこのような塩分摂取量で悩む方にも役立ちます。一般的に宅配食事サービスがお届けする塩分制限のお弁当は塩分量が2.0g以下に調整されています。

つまり宅配食を1日3回食べても、厚生労働省が推奨する摂取量を上回ることはないということです。もちろん減塩を考慮した献立を毎日考える必要もなくなるため、時短にもつなげることができます。

宅配食事サービスの上手な選び方ってあるの?

近年はさまざまな企業が宅配食事サービスを展開しているため、利用者の立場からしてみると「どのサービスがおすすめなの?」と疑問を抱くことは少なくありません。

そこでここでは宅配食事サービスを選ぶ時に意識したいポイントをご紹介します。宅配食事サービスを選ぶ時に重要視したい基本的なポイントは以下のとおりです。

  • 配達エリア
  • 食事タイプ・メニュー数
  • 価格
  • 注文単位・土日祝の配達対応
  • 栄養バランスの管理
  • 自身が美味しいと感じることができるか

宅配食事サービスは業者によって配達不可のエリアもあります。したがって自身の地域に配達してくれるか否かはしっかりと確認しておくようにしましょう。

また食事タイプやメニュー数は「飽きない食事」を実現するためにも大切です。継続的に宅配食事サービスを利用する場合は、価格面などとあわせてチェックしておくことを推奨します。

その他、各宅配食事サービスには注文単位が存在します。これは1回で何食分ずつ注文できるかを表したものです。具体的には1食、3食、5食、7食、14食などのタイプがあります。

毎日利用する方は5食や7食といったまとめての注文を好みますし、必要な時だけ注文したい方にとっては1食から配達可能な業者のほうが利用しやすいでしょう。これに加えて土日祝日の配達が可能か不可かも確認しておきたいところです。

「栄養バランスの整った安心、安全なお弁当を食べたい」という方は、管理栄養士が監修しているか否かをチェックするようにしましょう。管理栄養士は国家資格を持った栄養管理、食事管理のプロです。

1人、1人に合った栄養指導や栄養管理もできるため、管理栄養士が設計、監修した献立を提供する宅配食事サービスはきわめて安心、安全と言えることができます。

これらのポイントを意識した上で最も大切なのは「自身が宅配食事サービスのお弁当を食べて美味しいと感じることができるか?」です。どんなに栄養バランスの優れたお弁当でも、美味しいと感じることができなければ、長く続けることは難しいです。

評価の高い宅配食を提供する企業は栄養バランスに加えて、お弁当の味にも力を入れています。「宅配食サービスを上手に選ぶ自信がない」という方は、一度さまざまな宅配食サービスをお試しで利用するのもおすすめです。

宅配食事サービスは若年層世代から高齢者世代までメリットいっぱい

ひと昔前では宅配食事サービスというと、高齢者の方が利用するイメージがありました。しかし、近年は共働き世帯などが増えたことで若い世代の利用者も増加傾向です。

もちろん子育て中の家庭でも宅配食の需要は高まっています。また最近はちょっとした健康、ダイエットブームの影響から宅配食を注文する方も多いです。

このように宅配食事サービスは世代に関係なく、身近な存在になりつつあります。「毎日の食事で悩みがある」という方は、ぜひ一度宅配食事サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか?